着物の状態はどうやって見分けるの?

コンディションのチェック箇所

着物を買取してもらう上でチェックされるのがコンディションです。そして状態次第ではマイナス査定になってしまいますが、例えば目立つ汚れやカビ、色褪せ、虫食いなどは良くありません。こうしたダメージがあると再利用し難くなってしまいますから査定額としては低くなりがちです。ただ、目立たないところにある汚れなどや、お直しをすることで消すことができる状態なら大きく減額にならないこともあります。
基本的には状態が良いことが求められますから、いかに大切に保存しておくかが重要と言えるでしょう。日頃の保存の仕方が良くないとこういったダメージを負ってしまいますから、将来的に売る時のことを考えて丁寧に管理するように心掛けましょうね。

コンディション以外も重要

コンディションが良ければ着物買取でも有利になるのですが、ただキレイな状態だからといって必ずしも価値が付くわけでもありません。
価値が低くなる要因としてはサイズが小さい場合です。すでにお直しをされている状態ですと着られる人も限られます。その為、再利用し難いと判断されてしまって価値が付かないこともあるのです。
根本的に着物としての価値が低い場合も売れ難いですね。着物と一口に言っても価値はピンキリであり、特に元々がリーズナブルな物ですと売れ難いと言えるでしょう。
高値で売れる着物の特徴はやはり基本的な価値が高いことですから、有名作家の作品やブランド着物、伝統工芸品などですと有利です。そして尚且つコンディションが良ければ買取でも良い金額が付き易くなるはずです。

© Copyright Kimono Dress Up. All Rights Reserved.