子供の七五三の時の着物でも買取OK?

小さい子ども用着物とは

日本では子どもの時から着物を着る行事があり、生まれた時に神社にお参りするお宮参りと、男の子は5歳、女の子は3歳と7歳の時に着る七五三が代表的なものとなっています。主な種類として、肩上げと腰上げにより調整可能な一つ身と四つ身に大きく分かれます。
一つ身は「小裁ち」とも呼ばれ、お宮参り用に生まれた時から2歳になるまでの子どもが身につけるもので、帯の代わりに付紐で結ぶものです。四つ身は身丈の4倍の布を縫い合わせて作られる着物で、七五三用に3歳から8歳までの子どもが着ます。いずれも小さい時に着るものですので、いつもより値段が張るものを購入しますが、現代では着物を着る機会が少なく、タンスの中に眠っているというケースが多いです。

小さい子供用の着物の買い取りについて

一部の呉服店やオンラインショップでは、普段着る機会の少ない着物を買い取る専門のサイトを立ち上げていますが、成人式や結婚式用の着物以外に、一つ身や四つ身といった子ども用の着物の買い取りも行っています。
着物を買い取る際、保存状態によりますが、わずかながら虫に食われている、軽めのシミがついている程度ならば買い取ってもらうことは可能です。桐箱の中にしまっていた、帯や小物が付属している場合は買い取り額は上がります。買い取った着物は、他の人でも着られるようメンテナンスを行った上で、レンタル着物として貸出できる他、着物の柄を再利用して、洋服や小物などで販売されるケースもあります。着物の買い取り査定方法は、店舗への持ち込みと訪問買い取り、宅配があります。

© Copyright Kimono Dress Up. All Rights Reserved.